読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風狂通信web

風狂奇談倶楽部の活動記録や雑考など

2015年アイドル楽曲マイベスト20〈シングル編〉

 

前回に引き続き、今回は今年のアイドル楽曲マイベスト〈シングル編〉です。

一応縛りとして、2015年にシングルとしてリリースされたものの中から、前回の〈アルバム編〉に入れなかったアイドルの楽曲を20曲選び、独断と偏見でランキングにしてみました。

また、ここで紹介するものは、あくまで自分がカバーできている範囲で、個人的に愛聴したものにすぎないので、アイドルシーンを広く俯瞰したい方は、今夜発表される 〈アイドル楽曲大賞〉の結果でも待っていてください。

それでは、ご託はなしでさっさと紹介していきましょう。

 

20.あゆみくりかまき「心友フォーエヴァー」

今年3月に「鮭鮭鮭」でメジャーデビューした3人組ユニット・あゆみくりかまきの3枚目。インディーズ時代からお馴染みのAPAZZI & U.M.E.D.Y作曲の攻撃的なロックチューン。

19.寺嶋由芙「ふへへへへへへへ大作戦」

元BiSのメンバーとして活動し、脱退後はソロとして独自路線で活動を続ける寺嶋由芙のメジャーデビューシングル。80年代王道アイドルソングと大森靖子の歌詞があわさった攻めの一曲。〈あんまりまじめをなめないで〉という歌詞が刺激的。

18.五五七二三二〇「半世紀優等生」

ココナッツサブレ50周年を記念して結成された謎の覆面ガールズバンドの1stシングル。その正体は私立恵比寿中学のメンバーたち。RIZEのKenKenがプロデュースしているだけあって重厚なサウンドがカッコイイ。

17.RYUTist「Winter merry go round」

新潟のローカルアイドルRYUTistの通算4枚目のシングル。永井ルイ作曲のドラマチックなウィンターソング。

16.吉田凛音「テンセイリンネ ~GONG! GONG! GONG!~」

 ノーナ・リーヴス西寺郷太が作詞作曲を手掛ける2ndシングル。吉田凛音のラップ(?)が心地よいダンスナンバー。

15.夢みるアドレセンス「くらっちゅサマー」

 メジャー2ndシングル「サマーヌード・アドレセンス」収録曲。ケンタッキーの人気スイーツとコラボした楽曲で、作詞作曲は元Cymbals矢野博康。明るく弾けた夏のポップチューン。

14.こぶしファクトリー「念には念」

今年の1月に結成されたハロー!プロジェクトの新たなユニットの1st。T・レックスの「20th Century Boy」オマージュのギターリフと歌謡曲風のサビが見事にはまっていて堪らない。

13.BELLRING少女ハート「GIGABITE」

シングル「13 WEEKS LATER EP」からの一曲。元ネタはThe Ting Tingsの「Great DJ」らしく、言われてみれば確かに!という感じ。懐かしいですね。

12.Faint☆Star「フィルム!フィルム!フィルム」

agehaspringsがプロデュースするHINA(元Tomato n' Pine)とYURIAによるガールポップデュオの2ndシングル。作曲は田中秀典フリッパーズ・ギターの曲名をもじったであろうタイトルから想像できる通り、渋谷系っぽい甘く切ない楽曲。

11.東京女子流「Never ever」

アーティスト宣言をした東京女子流の18枚目のシングル。女子流らしいメロウなバラードながら、新井ひとみが初めてメインボーカルを務め、作詞を山邊未夢が手掛けるなど新たな試みも見られる。しかし、小西彩乃卒業かあ……

10.SKE48「前のめり」

SKE48の18作目のシングル。今年のAKBGの楽曲の中でこれが一番かといわれると違う気もするが、松井玲奈が参加した最後のシングルということで。個人的に、今年の夏のアンセムソング。

9.STARMARIE「ネット・オークション・ベイビーズ」

BEAT CRUSADERS、現THE STARBEMSの日高央のプロデュースで、どことなくジャパメタっぽい激しくダークな曲調に、ネットオークションをテーマにした歌詞がのったユニークな楽曲。結局こういうのが好き。

8.PassCode「Now I Know」

大阪発ラウド系アイドル・PassCodeの2ndシングル。お家芸である変幻自在な目まぐるしい曲展開と、メッセージ性の強い歌詞がリンクしたまさに新境地。

7.lyrical school「ワンダーグラウンド」

HIPHOPアイドルユニットの8thシングル。作詞はKICK THE CAN CREWのLITTLE、作曲はももいろクローバーZ「5 The POWER」などを手掛けたSUI。明るく切ないファンキーなダンスチューン。最高。

6.乙女新党「ツチノコっていると思う...?♡」

清竜人が作詞作曲を手掛ける7thシングル。タイトルのインパクトもさることながら、楽曲自体も情報量の多いカオティックな内容で、ただただ楽しい。清竜人25の文脈を読みとることも可能か。

5.ずんね from JC-WC「14才のおしえて」

映画『女子の事件は、大抵トイレで起こるのだ。』で共演した吉田凜音と蒼波純による期間限定ユニット。作詞作曲は大森靖子、編曲はサクライケンタ。この時点で最高に決まっている。間奏のリコーダーも素晴らしい。(12月に吉田凛音が15歳になったことで解散)

4.アンジュルム「大器晩成」

スマイレージから改名後の第一シングル。グルーヴィーなソウル・ディスコサウンドが気持ち良い。つんく♂はプロデュースに関わっていないはずなのに、どこかかつてのモー娘。っぽさを感じさせる。

3.バニラビーンズ「女はそれを我慢しない」

avex移籍後の第一弾シングル。東京女子流などでお馴染みの松井寛の作曲だけあって、ダンサブルなファンク歌謡。サックスの音がカッコイイ。イントロがcharの「SMOKY」っぽいところもカッコイイ。

2.Juice=Juice「Ça va ? Ça va ?」

オリコン週間シングルランキング初の1位を獲得した両A面シングル。上半期はずっと聴いてました。作曲はTOKYO No.1 SOUL SET川辺ヒロシ、作詞は三浦徳子、編曲はCMJKなので、そりゃ良いに決まってますね。

1.LADYBABY「ニッポン饅頭」

そして1位がこれ。ミスiD2015グランプリの金子理江とミスiD2015の黒宮れい、女装パフォーマーのレディビアードとで結成されたアイドルユニットのデビューシングル。“極東アイドル最前線”といった感じ。とにかく今見るべき、今聴くべき。

まとめ

〈アルバム編〉の最後にも書きましたが、今年は名盤・名曲が多かった印象。10枚・20曲選ぶのもけっこう苦労しました。

次点でひめキュンフルーツ缶TEAR DROPS」、Peach sugar snow「さよなら惑星」、別格としてPerfumeの「STAR TRAIN」を。

また、シングルとしてはリリースされていないためランキングには入れられなかったものの、黒宮れい率いるガールズバンド・Bratsの「十四歳病」やミスiD2014の渡賀レイチェルとモデルの鈴木真海子からなるラップユニット・chelmicoの「ラビリンス'97」、ソロアイドルでもある里咲りさが社長兼運営兼メンバーを務める少女閣下のインターナショナル「少女閣下のPKウルトラ計画」、濱野智史プロデュースアイドル第二弾(のはずが放置され独立した)あヴぁんだんどの「点滅ばいばい」(最果タヒ作詞!)などもよく聴いた。

しかし一方で、アイドルシーンはそろそろ停滞というか、〈拡散と浸透〉の時期なのかなという気もしました。多様化が進むことでシーン自体が拡散し、求心力を失っていくのではないか。AKB48がいよいよ初動ミリオン割れしたというのも案外大きな出来事かもしれない。

ま、別にそう悲観的にならず、来年も素敵なアイドル、素敵な楽曲に出会えたらいいなと思いますね。そんなわけで〈2015年アイドル楽曲マイベスト〉企画、これにて終了です。お付き合いいただきありがとうございました。

(秋好)