風狂通信web

風狂奇談倶楽部の活動記録や雑考など

新本格

問題編だけ公開!「犯人当て朗読劇『降霊館の殺人』」

いよいよ25日は文学フリマ東京ですね!白樺香澄です。 私たち風狂奇談倶楽部のブースは2階Fホール・キ-34。新刊『風狂通信vol.5.5』には、今年9月に上演された、作・白樺香澄の犯人当て小説を戯曲化し、彩菱実唯(いろびし・みい)が主演に立った朗読劇『…

推理クイズ小説『死者の晩餐会』

というわけで推理クイズ小説本編です。 『死者の晩餐会』 黄川田智(きかわだ・とも)は、書斎の床に仰向けに倒れた久堂汀青(くどう・ていせい)の死体を見下ろしていた。 久堂の首を絞めた時の感触が両手に戻ってくる。 死体の首に深く食い込んでいるスカーフ…

「新本格という病」プチ読書会

秋好「今更ですが、『CRITICA』第12号に評論「〈新本格〉という病」を寄稿しました」 石井「ちゃんと買いましたよ」 「CRITICA」:探偵小説研究会http://www.geocities.co.jp/tanteishosetu_kenkyukai/critica.htm 秋好「まずそもそも、探偵小説研究会で「新…